社労士の年収は?

社会保険労務士の働き方には、「勤務」と「開業」の2つがありました。
そして、社会保険労務士の収入・年収は、このどちらの働き方を選ぶかにより大きく変わってきます。

いま日本では、30,000人を超える社会保険労務士がいますが、そのうちの約3分の1は、企業に社員として勤める「勤務社労士」です。
特に女性社労士には、勤務形態を希望して働いている人が多いようです。開業リスクのない働き方で、社会保険のプロとして活躍し人に貢献することが、彼女たちの願いなのでしょう。
「勤務社労士」として働く場合の収入は、基本的に所属する会社の給与規定に準じます。メーカーや建築業界で働くか、金融機関に勤めるかなど勤め先の業種の違いが年収差になることはあるかもしれません。しかし、社労士の資格を持っていることで、他の社員と比べて大きく年収が変わってくることはないと思ってください。企業によっては、毎月1万円程度の資格手当を支給している会社もあるようです。いずれにしても資格取得による収入への直接的な見返りは、その範囲と考えておいた方がよいでしょう。

一方、「開業社労士」平均年収は、450万~3000万円といわれています。
ある有名経済誌の調査では、511万円と明示されたこともあります。

開業社労士の年収幅には大きな開きがあり、一概にどのあたりの数字が「平均」とは言いにくいのです。
実際には、年収3000万円を大きく超えて稼いでいる先生もたくさんいますし、独立開業はしても、会社に勤めていた頃の収入を下回ってしまう社労士さんも少なくないということです。

開業社労士の報酬には、「顧問報酬」と「手続報酬」、「労務管理報酬」などがあります。
このなかで収入の中心となるのは顧問報酬です。これは企業と受託契約を結び、社会保険に関する書類作成や、相談・指導などの業務を行うことで、毎月定期的に入ってくる収入です。
つまり開業社労士の収入は、顧問契約会社が増えるごとに安定して増えていくと考えてよいでしょう。

この「顧客を増やす」という上で欠かせないのが、営業力であり、信頼形成力です。あるお客様(経営者)から仕事のクオリティーを認めてもらえれば、紹介で新しい仕事が広がる可能性も十分にあるのです。

いずれにしても、種蒔きの期間と言われている開業から1~2年の間は、開業社労士にとって苦労はつきものです。ですから成功するためには、十分に資金の余裕を持ってスタートし、軌道に乗せるまで焦らずじっくりと信頼形成をしていくことです。

開業数年を経てお客さんが増えていけば、1,000~2,000万円の年収を得ることは、十分に可能なことでしょう。